×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大腰筋を鍛えると腰痛が治るばかりでなく、ウェストがくびれて、脂肪も燃焼するんです!

アシックスの大腰筋強化スパッツで大腰筋を鍛えて腰痛解消

大腰筋強化スパッツで腰痛解消

腰痛の原因にはいろいろあります。生活習慣、疲労、運動不足などなど。特に運動不足だと体力や筋力が衰えてきます。結果、背筋や腹筋、足腰の筋力が十分にないと、少しの負担が腰痛を起こす原因となるのです。もし運動不足で腰痛になっているとしたら、衰えた筋肉をエクササイズなどで正常に戻してあげるのは腰痛の治し方には大切です。特に大腰筋を強化することで、腰痛は劇的にかわるはずです。大腰筋はおなかの奥にあって、背骨を支えています。また上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉なのです。大腰筋を鍛えて強化すると、新陳代謝が高まって、脂肪がつきにくく、やせやすい体質に改善することができます。エクササイズで大腰筋を鍛えることが理想ではありますが、そもそも、運動不足で筋肉が衰えて腰痛がひどい人には大腰筋強化スパッツはどうでしょうか?スポーツメーカーのアシックス(asics)からその名も「大腰筋強化スパッツ」が販売されています。この大腰筋スパッツのl効果は、姿勢がよくないr、ヒップライン、ウェストラインを「着るだけ」で整えてくれるものすごいスパッツなのです!このスパッツを着用した人の体験談では「椅子に座ってパソコンを見たりしている時など、前屈みになりがちですが、このスパッツを履いているだけで姿勢が変わった事に気付きます。 買う前は値段に抵抗がありましたが、思い切ってよかったです」と嬉しいコメントも!

大腰筋エクササイズでダイエット

大腰筋を鍛えてダイエット

大腰筋をエクササイズして鍛えるとどうなるのか?それは「やせて、くびれる!!」んです!。なぜならば大腰筋はガードル効果があるので、おなかの脂肪を支えて、その他の筋肉の神経機能を促進する働きをします。補正下着と大腰筋を比べると、補正下着は腹部についたたるんだ脂肪を筋肉のかわりに支えようとします。でも大腰筋を鍛えれば、筋肉でたるんだ脂肪を支えてくれますので、補正下着の必要がなくなるんです。大腰筋を鍛えないで放っておくとどうなるかというと、骨盤が後ろに傾いた状態になって背骨が湾曲してしまいます。つまり猫背になってしまうんです。このため、内蔵などを支配して全身の活動力を高める神経の交感神経の働きが衰えて、大腰筋周辺にあるお尻、背中、わき腹、などの筋肉は使われなくなります。結果、お尻、背中、わき腹の筋肉はだぶつき、くびれのない、だらしないボディラインになってしまうのです。大腰筋をエクササイズで鍛えると、お尻、背中、わき腹だけでなく、内蔵を支えている筋肉も鍛えられます。そうすると、交感神経の機能も正常になり、脂肪分解が促進されるようになります。つまり大腰筋をエクササイズで鍛えると、やせるばかりでなく、カラダ全体が正常に機能し、健康なカラダになるんです。